肌の悩みがすべて消えるときはくるのかな

肌に悩みを持っている人は多いはず。自分もそうですが少しでも悩みが軽減できればと自分なりに調べたことをつづっています。

Archive for 7月, 2015

皮膚の真皮部分で水を豊富に保ち続けてくれるから

皮膚の真皮部分で水を豊富に保ち続けてくれるから はコメントを受け付けていません。

7月 30th, 2015 Posted 11:17 AM

身体の中のあらゆる部位において、絶えることなくコラーゲンの小さなアミノ酸への分解と再合成が行われています。年をとってくると、この絶妙なバランスが崩れてしまい、分解の比重が増加してきます。

歳をとることによって顔の皮膚にシワやたるみが生じるのは、欠かすことのできない大事な構成成分だと言われるヒアルロン酸そのものの保有量が乏しくなって水分に満ちた美しい皮膚を維持できなくなってしまうからに他なりません。

乳液とかクリームなどを回避して化粧水のみ塗る方もみられますが、この方法は致命的な誤りなのです。保湿を間違いなくしないために皮脂が多く分泌されることになったりニキビや吹き出物ができたりすることがあるのです。

日光にさらされた後に一番にやるべきことがあります。それは、いつも以上に念入りに保湿することです。これがとても重要になるのです。本当は、日焼けしてしまったすぐあとに限らずに、保湿は日々習慣として実践することをお勧めします。

アトピー性皮膚炎の対処法に用いることもある保湿成分のセラミド。このセラミドを配合して作られた低刺激性の化粧水は良好な保湿性能を持ち、いろいろな刺激から肌をガードする重要な働きを高めます。

 

1gで6リッターもの水分を保持することができる成分であると言われるヒアルロン酸は、人間の皮膚を始め様々なところに広く存在していて、皮膚の中の真皮の部位に多く含まれている特質を有します。

注目の保湿成分セラミドは、表皮細胞の新陳代謝の過程で合成される“細胞間脂質”のことで、3%程度の水分を抱え、角質層の細胞をまるで接着剤のようにつなぎ合わせる大切な役割をすることが知られています。

ことのほか乾燥により水分不足の皮膚の状態でお困りの方は、体内にコラーゲンが申し分なくに補給されていれば、ちゃんと水分が閉じ込めておけますから、ドライ肌への対応策にも効果的なのです。

化粧水を浸透させる際におよそ100回ほど手で押し込むようにパッティングするという情報が存在しますが、このような方法は正しくありません。敏感肌の方は特に毛細血管が傷ついて俗に「赤ら顔」と言われる症状の誘因となります。

セラミドは肌表面の角質層の機能を守るために必ず必要な要素であることが明らかであるため、年齢を重ねた肌やアトピーの敏感な肌にはセラミドの補充は何としても欠かさずに行いたいことの1つとなっています。

 

水分保有能力の高いヒアルロン酸が皮膚の真皮部分で水を豊富に保ち続けてくれるから、周りの環境がいろんな変化や緊張感により乾燥した状態になっても、肌は大きなダメージを受けることなく滑らかさを保ったいい状態でいられるのです。
(さらに…)

Posted in 美容について