肌の悩みがすべて消えるときはくるのかな

肌に悩みを持っている人は多いはず。自分もそうですが少しでも悩みが軽減できればと自分なりに調べたことをつづっています。

Archive for 3月, 2014

コラーゲンという化合物は

コラーゲンという化合物は はコメントを受け付けていません。

3月 31st, 2014 Posted 10:38 AM

多くの女性が洗顔後に日常的に使う“化粧水”。それ故にお気に入りの化粧水には妥協したくないものですが、特に暑い時期にとても気になる“毛穴”の対策のためにも質の良い化粧水はとても役立つのです。

ヒアルロン酸は乳児の時に最大で、30代以降は急激に減っていき、40代を過ぎると乳児の時期と比較すると、ほぼ5割まで落ち、60歳代では相当の量が失われてしまいます。

赤ん坊の肌が水分たっぷりで張りや弾力があるのはヒアルロン酸をたくさん含んでいるからなのです。保水する能力に相当優れた物質のヒアルロン酸は、肌の瑞々しさを保つ働きをする化粧水などに保湿成分として使用されています。

歴史的な美女と知られる女性達がプラセンタを美容効果とアンチエイジング効果を得るために使用していたとされ、古代よりプラセンタが美容に非常に効果があることが知られていたということが理解できます。

化粧水を顔に塗布する際に「手でつける」というタイプと「コットンを使う」派に分かれているようですが、実際にはメーカー側が最も効果的と推奨するつけ方で使用していくことを一番に奨励します。

 

ヒアルロン酸の保水する作用についても、角質層においてセラミドが効率的に皮膚を守る防壁機能を働かせることができれば、皮膚の水分保持能力がアップし、一段と弾力のある瑞々しい美肌を期待することができます。

加齢が原因の肌のヒアルロン酸の低減は、肌の潤いを著しく損なうだけでなく、肌全体のハリもダウンさせ乾性肌やシミ、しわが作られる誘因 だと想定できます。

セラミドとは人の肌の表面において外界からのストレスを防ぐ防波堤の様な役割を持ち、角質バリア機能と呼ばれる大切な働きを担当している皮膚の角層部分に存在するとても重要な成分のことを指します。

セラミドは角質層を健康な状態で維持するために絶対必要な成分だから、年齢を重ねた肌や辛いアトピー肌にはセラミドの意識的な補充は極力欠かしてはいけない手段となっています。

セラミドは肌の潤いに代表される保湿の働きを向上させたりとか、肌水分が出ていくのを阻止したり、外部ストレスとか汚れや黴菌などの侵入を阻止する働きを担っています。

 

単に「美容液」といっても、幅広い種類がありまして、簡単に一言で説明してしまうのは少しばかり難しいのですが、「化粧水というアイテムと比較するとより多く効く成分が入れられている」という意味合い と似ているかもしれません。

潤いを与えるために必要な化粧水を顔に塗布する際には、はじめに適量を手に取り、体温に近い温度にするような気持ちで手のひら全体に伸ばし広げ、顔の表面全体にそっと馴染ませることが大切です。

しっかり保湿をして肌状態を健全なものにすることで、紫外線の吸収を制御し、乾燥が引き起こす憂鬱な肌問題や、それに加えてニキビの痕跡がシミのような色素沈着を起こす状況を未然防止してもらえます。
(さらに…)

Posted in 美容について